『北原里英「初めて寒くて泣きました」 スタントなしで過酷な撮影に挑戦 映画「サニー/32」完成披露イベント2』というニュース動画が、YouTubeのMAiDiGiTV公式チャンネルで公開されました。

 アイドルグループ「NGT48」の北原里英さんが1月18日、東京都内で行われた主演映画「サニー/32」(白石和彌監督、2月17日公開)の完成披露イベントに登場。北原さんは、昨年2月に極寒の新潟で雪原を歩くシーンを撮影するなど、過酷な撮影だったといい、「初めて寒くて泣きました。はじめは何の涙か分からなかったんですけれど……」と振り返った。

 イベントには、北原さんのほか、ピエール瀧さん、リリー・フランキーさん、門脇麦さん、白石監督が出席した。白石監督は、北原さんの熱演について「こうしてほしいということを真っすぐにすべて受け入れてやってくださって、見てるこっちが申し訳ない」と言い、リリーさんも「スタントさんがやるべきところを全部やっている。トム・クルーズか、北原里英か、ですよ」と絶賛。ピエールさんも「たまたま死ななかっただけ」とうなずき、「監督のことを『サディスティックハムスター』と呼んでました。『どうぶつの森』に出てくるハムスターとそっくりなんです」と明かしていた。

 北原さんが「雪原を薄っぺらい格好で歩かされたとき、救出されたときに涙が出てきて、思わず白石さん(監督)を無視してしまった」と話すと、リリーさんは「監督に言われたことを、全部やったら死んじゃうからね」と北原さんをねぎらった。撮影ではほかにも、ピエールさんになめられたり、殴られたりするシーンもあったというが、北原さんは「なめられたり殴られたりが気にならないくらい、ほか(の撮影)がつらかったので、全然抵抗はなかった」と笑っていた。

 「サニー/32」は、仕事も私生活も今一つの中学校教師の藤井赤理(北原さん)が、24歳の誕生日に、「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」と呼ばれ、インターネットで神格化された少女サニーを崇拝する男たちに誘拐される……というストーリー。2013年公開の映画「凶悪」の白石監督、高橋泉さんが脚本を担当し、赤理を誘拐する柏原をピエールさん、小田をリリーさんが演じるなど、「凶悪」のキャストとスタッフが再集結したオリジナル作

YouTube

サニー 32

公開日

2018年2月17日(土)

出演者

北原里英 / ピエール瀧 / 門脇麦 / リリー・フランキー / 駿河太郎 / 音尾琢真 / 山崎銀之丞 / カトウシンスケ / 奥村佳恵 / 大津尋葵 / 加部亜門 / 松永拓野 / 蔵下穂波 / 蒼波純 ほか

スタッフ

監督:白石和彌
脚本:高橋泉
スーパーバイザー:秋元康
製作:永山雅也 / 間宮登良松

あらすじ

冬の新潟の或る町。仕事も私生活も振るわない中学校教師・藤井赤理(北原里英)は24歳の誕生日を迎えたその日、何者かに拉致された。やったのは二人組で、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)という男。雪深い山麓の廃屋へと連れ去り、彼女を監禁!小田は嬉々としてビデオカメラを回し、柏原は「ずっと会いたかったよ、サニー……」と、そう赤理のことを呼んだ。

“サニー”とは―世間を騒がせた「小学生による同級生殺害事件」の犯人の通称だった。事件のあらましは、当時11歳だった小学生女児が同級生を、殺害したというもの。突然、工作用のカッターナイフで首を切りつけたのだ。

事件発覚後、マスコミが使用した被害者のクラス写真から、加害者の女児の顔も割りだされ、いたいけで目を引くルックスゆえに「犯罪史上、最も可愛い殺人犯」とたちまちネットなどで神格化、狂信的な信者を生み出すことに。出回った写真では、独特の決めポーズ(右手が3本指、左手は2本指でピースサインをつくる)も話題を集め、それは信者たちの間で「32(サニー)ポーズ」と名付けられ、加害女児自体も“サニー”と呼ばれるようになった。
奇しくも、この“サニー”の起こした事件から14年目の夜に二人の男によって拉致監禁された赤理。

柏原も小田もカルトな信者で、二人は好みのドレスに着替えさせ、赤理の写真や動画をネット上の「サニーたんを愛する専門板www」にアップ。赤理は正気を失っていきながらも、必死に陸の孤島と化した豪雪地帯の監禁部屋から脱出を試みる。が!それは驚愕の物語の始まりにすぎなかった―。

関連リンク

北原里英 1st写真集「そして」

発売日:2018年1月17日(水) Twitter 記事