松井玲奈さんが単独初主演を務める映画「幕が下りたら会いましょう」が11月に公開されることが決定し、特報映像とポスタービジュアルが解禁されました。

本作は、妹の死によって心を揺さぶられる、夢敗れたはずの売れない劇作家の姿を描いた作品。実家の美容室を手伝いつつ、なかずとばずな劇団「劇団50%」を主催していた麻奈美は、ある日、東京で働いていた妹・尚の死を知らされる。劇団員の結婚祝いで集まって馬鹿騒ぎをしていた同じ夜、尚は資材置場で亡くなっていた。その日、麻奈美は尚からの着信があったにもかかわらず電話に出なかった。

松井が演じるのは、主人公・斎藤麻奈美。筧は麻奈美の妹・尚役、しゅはまは麻奈美の母・京子を演じることに。監督を務めるのは、長編映画初挑戦となる前田聖来(MOOSICLAB2018長編部門「いつか輝いていた彼女は」を脚本・監督)。本作について「孤独感を感じる事も多い今、周りの大切な人々へ想いを伝えるきっかけとなる作品にできたらと思っています」と思いの丈を述べている。

松井玲奈、映画単独初主演! 「幕が下りたら会いましょう」で筧美和子、しゅはまはるみと共演 : 映画ニュース – 映画.com

松井玲奈 コメント

撮影期間中、ずっと深い穴に落ちたような気持ちでした。演じた麻奈美の心の糸がそれだけ絡まっていたのだと思います。撮影が終わった今も麻奈美や尚のことを思い出します。あの時こうしていれば、そんな局面は人生で誰にでもあって、見終わった後、自分にとっての「あの時」に素直な気持ちで触れられる作品になっていると感じています。

映画「幕が下りたら会いましょう」

公開日

2021年11月 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

出演者

松井玲奈​ / 筧美和子​ / しゅはまはるみ​ / 日高七海​ / 江野沢愛美​ / 木口健太​ / 大塚萌香​ / 目次立樹​ / 安倍乙​ / 亀田侑樹​ / 山中志歩​ / 田中爽一郎​ / hibiki​(lol-エルオーエル-) / 篠原悠伸​ / 大高洋子​ / 里内伽奈​ / 濱田のり子​ / 藤田秀世​ / 出口亜梨沙​ / 丘みどり​(友情出演) / 袴田吉彦 ほか

スタッフ

監督:前田聖来
脚本:大野大輔、前田聖来
撮影:春木康輔
照明:本間光平
録音:吉方淳二
美術・スチール:柴崎まどか
スタイリスト:小宮山芽以
ヘアメイク:安藤メイ
編集:小西智香
脚本協力:川原杏奈
劇中戯曲:愛里
エグゼクティヴ・プロデューサー:高木雅共
プロデューサー:猪野秀碧、岡田康弘、細見将志、田中佐知彦
企画:直井卓俊
製作・宣伝:エイベックス・エンタテインメント
制作協力:Ippo
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

主題歌:「CRY~戻りたい夜を~」 / JamFlavor

特報

関連リンク

発売日:2021年4月20日(火) Twitter

松井玲奈 初のエッセイ集。「anan」連載25回分に書き下ろし25作品を加えた50編を収録。