『GENERATIONS・片寄涼太、川栄李奈が感じた歌唱シーンのぼやき暴露「すごい嫌だった」 伊藤健太郎は冒頭ラブラブシーンに嫉妬「なんやこれ!」 映画『きみと、波にのれたら』完成披露舞台あいさつ』というニュース動画が、YouTubeのオリコン公式チャンネルで公開されました。

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優・川栄李奈が14日、都内で行われたアニメ映画『きみと、波にのれたら』(6月21日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。同作では、2人の歌唱シーンが多く盛り込まれているが、川栄は「すごく嫌だった。1人で歌いたかった」とボーカリストである片寄との共演に苦労を語った。

 歌唱シーンはもともと別々で録る予定だったそうだが、片寄のアイデアで2人で歌うことに。片寄は「2人の方が良い空気感になると思った」とするも、川栄は「歌がうまいし、キーがこうとか言ってたけどよくわかんなかったし、すごく緊張しました」と振り返っていた。苦戦する川栄に対し、片寄は「笑わせようとしました」とクスッと笑う場面がそのまま映画で使われていることも見どころにあげていた。

 2人の作中でのやりとりについて伊藤健太郎は「冒頭を観ていただければわかるんですが、すごく羨ましくなりますよ!」と絶賛。湯浅政明監督も「すごく良い感じのができて、かわいらしいカップル。彼らは幸せなんだろうなというのが伝わってくる」とラブラブっぷりを強調していた。

 これまでに背中を押された経験を聞かれた片寄は「父が高校教師なんですけど、上京するときは高校生で、大学なんていつでも行けるから、今やれることをやったほうがいいと言ってくれて迷いが吹っ切れました」と語った。さらに「高校教師で“大学なんていつでも行ける”って言っちゃいけないと思うんですけどね、でもそれがうれしかったです」と父へ感謝の想いを口にしていた。

 物語は、海辺の街を舞台に描いた青春ラブストーリー。片寄は消防士の雛罌粟港(ひなげし みなと)、川栄は大学生の向水ひな子(むかいみず ひなこ)を演じる。2人は恋人同士になるが、ある事故で港が命を落としてしまう。すっかり落ち込んでしまったひな子だが、2人の思い出の歌を口ずさむと、水の中から港が現れる。「ひな子のこと、ずっと助けるって約束したろ?」と言われ再会を喜ぶひな子だが、一緒にいることができるのか、姿を見せた本当の目的も明かされていく。

GENERATIONS・片寄涼太、川栄李奈が感じた歌唱シーンのぼやき暴露「すごい嫌だった」 伊藤健太郎は冒頭ラブラブシーンに嫉妬「なんやこれ!」 映画『きみと、波にのれたら』完成披露舞台あいさつ – YouTube

映画「きみと、波にのれたら」

公開日

2019年6月21日

キャスト(声の出演)

雛罌粟港:片寄涼太
向水ひな子:川栄李奈
雛罌粟洋子:松本穂香
川村山葵:伊藤健太郎

スタッフ

監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子
音楽:大島ミチル
主題歌:「Brand New Story」GENERATIONS from EXILE TRIBE
キャラクターデザイン・総作画監督:小島崇史
アニメーション制作:サイエンスSARU

あらすじ

大学入学を機に海辺の街へ越してきたひな子。サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動をきっかけに、ひな子は消防士の港(みなと)と出会い、二人は恋に落ちる。

お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は海の事故で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子が、ある日ふと二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中から港が現れる。「ひな子のこと、ずっと助けるって約束したろ?」
再び会えたことを喜ぶひな子だが…。

二人はずっと一緒にいることができるのだろうか?港が再び姿を見せた本当の目的とは?

関連リンク

3年A組 ―今から皆さんは、人質です― [DVD][Blu-ray]

発売日:2019年7月24日(水) 公式サイト Twitter

キャスト:菅田将暉 永野芽郁 片寄涼太 川栄李奈 上白石萌歌 萩原利久 今田美桜 福原遥 ほか