本日3月22日(金)に新潟市内で行われたAKS運営責任者の松村匠取締役氏らの会見中、事件の被害者であるNGT48の山口真帆さんが自身のツイッターを更新して会見内容に反論しました。

NGT48の山口真帆(23)が昨年12月8日に暴行被害に遭った事件で、グループを運営する「AKS」は22日、新潟市内で、弁護士3人による第三者委員会の調査報告書の説明会を行った。会見中、リアルタイムで中継を視聴していたとみられる山口がツイートを更新。「証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」などと告発し、運営側が説明に追われる場面があった。

〜中略〜

これらの投稿でも事実確認を求められた松村氏は、まず「交際を認めたメンバーもいます」とされた内容については「会見が終わって、もう一度ちゃんと読ませていただいてから考えたい」とし、メンバーの責任については当初と変わらず「今回は不問です」と断言。また、謝罪文の存在についても「私があれした(書かせた)ものではありません。他のスタッフによる可能性については分かりませんが、私ではないことは事実」と説明した。

山口真帆の告発ツイート AKS松村取締役が見解 謝罪文「私ではない」メンバー責任は依然「不問」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

会見が始まって2時間半を超えたときだった。山口は会見中のツイートとして4度目の更新(リツイート除く)。「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりというのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないとおっしゃっていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」と実態について投稿した。

この投稿に会見場にいる記者が気付き、質問した。しかし、松村氏はなかなか回答できず。手元の報告書を見ながら「ちょっと待って下さい」と繰り返し、数分沈黙。これまでの発言について「訂正させて頂きます」「私の勘違いでした」などと釈明した。

山口真帆「なんで嘘ばかりつくんでしょうか」 予定された謝罪文書も公開/芸能/デイリースポーツ online

関連リンク