SKE48の松井玲奈さんが、俳優の遠藤憲一さんと映画「gift」(6月14日~ 愛知県限定公開)でW主演を務めることが明らかになりました!

松井玲奈、どん底“キャバ嬢”役で映画初主演「感情移入して涙でた」』という記事より。

 人気アイドルグループ・SKE48と乃木坂46を兼任する松井玲奈が、俳優の遠藤憲一と映画『gift』(6月14日~ 愛知県限定公開)でW主演を務めることがわかった。松井は、グループのドキュメンタリー作品以外で、映画初出演にてして初主演となる。役どころは、ホストに騙され300万円の借金を抱える“どん底”キャバクラ嬢。イメージと異なる役柄にも「初めての映画ということでとても嬉しかったのが一番です。台本を読んだ時は感情移入して涙がでました」と感激している。

 同作は、貧乏から這い上がり会社会長の座につくも、傲慢な性格から親しい友人や家族のいない篠崎善三(遠藤)が、松井演じる山根沙織に「100時間100万円」のアルバイトを持ちかけ、過去に捨てた娘への“gift”を届ける旅に同行させる名古屋発のロードムービー。

 松井は、幼い頃に弟を守るべく暴力を振るう母親を刺殺し、その弟から憎まれる女性を熱演。同作の役作りのため、トレードマークの黒髪を茶髪に染めて体当たりで挑んでいる。

 遠藤は、松井の印象について「瞬間で感情が作れる天才肌だと思います。素直にまっすぐ感情を表現していて、いい女優さんだと感じました」と絶賛。松井も「実際に演技を一緒にさせていただけることでとても勉強になりました。教えていただけることもあってとても嬉しかったです」と信頼を寄せ、「年の違う2人の男女がすれ違いながら絆を深めていくその過程を一緒に一喜一憂していただければと思います」と魅力を伝えている。