本日4月11日(金)14:20放送のNHK Eテレ「NHK高校講座 日本史」に、AKB48・向井地美音さん、土保瑞希さん、込山榛香さんがこれから1年間出演します!

AKB高校生がNHK日本史番組生徒役』という記事より。

 同番組は、メーンMCを務める俳優高橋英樹(70)が歴史アイドル養成学校の「高橋歴史女学館」館長に扮(ふん)し、AKB48の3人が生徒役という設定。スタジオだけではなく、日本史に関わりの深い現場を訪れ、研究内容の発表などにも挑戦する。

 向井地と土保は現役高校生、込山も今春から高校生と、現役高校生から高橋は、「おじいちゃん世代」にあたる。土保は「最初は怖い印象があったんですけど、すごく日本史がお好きで教えていただける」。向井地は「歴史をさらに掘り下げたことを撮影の休憩時間にも教えてもらっています。優しいおじいちゃんみたい」。

 込山も「私は滑舌が悪いんですけど、イントネーションとかも教えてくれます」と印象を話すと、高橋も照れ笑い。「私も高校卒業から50年以上たって、日本史の勉強も今は変化している。孫の手を借りて、ではないけど一緒に勉強していきたい」と話した。

 AKB48の3人は、13年6月にお披露目されたAKB48の15期生で、先月24日に行われた「AKB48グループ大組閣祭り」で、チーム4に正規メンバーに昇格したばかり。NHKエデュケーショナルの若井俊一郎専任部長は「高校生など若い世代に見て学んでもらうのはもちろん、高橋さん世代の方で、もう1度日本史を学び直したいという方にも見てもらいたい」と話した。

ちなみに再放送は4月25日(金)となっています。お見逃しなく!

NHK高校講座 日本史

放送局: NHK Eテレ
放送日時: 2014年4月11日(金) 14:20~14:40
公式サイト: http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/nihonshi/

◆出演者
【講師】 高等学校教諭…尾崎久照,
【出演】 土保瑞希、向井地美音、込山榛香
【司会】 高橋英樹
【語り】 杉村理加

◆内容

旧石器時代から現代まで、日本の社会はどう変わったのか?どうして変わったのか?日本史研究の殿堂、高橋歴史女学館でその謎に迫る。

旧石器時代と縄文時代。二つの時代は何がどのように違うのか? 旧石器時代は平均気温が現在より7度以上低い寒冷な時代だった。その後1万数千年前から地球は温暖化する。気候や地形、食糧の変化に対応し、人々は弓矢や土器などの新しい道具を作り出していった。今回は、旧石器~縄文時代を、気候の変動という視点でたどっていく。