本日4月6日(日)開催の「AKB48リクエストアワーセットリストベスト200 2014」夜公演で「ヘビーローテーション」が39位に登場。大島優子さんが楽曲センターの後継者として、15期生の向井地美音さんを指名しました!

大島優子、「ヘビロテ」後継者指名 15期生・向井地美音』という記事より。

40位の楽曲を歌い終わった梅田彩佳(25)が「次の曲のセンターは大島優子が指名しました」と紹介すると、向井地の「ワンツースリーフォー!」のかけ声一発、「ヘビーローテーション」のイントロが始まった。

1万8000人の「みーおん」コールを小さな体に一身に浴び、大島の代わりにセンターに立った向井地は、昨年10月に研究生となり、今年2月の「大組閣」で正規メンバーに昇格し、チーム4に配属されたばかりの16歳。大島同様、子役から活動し、ドラマ『アンフェア』シリーズで篠原涼子演じる主人公の娘・美央役を演じたことでも知られる向井地は、満面の笑みで大役を務め上げた。