AKB48のドキュメンタリー映画第4弾「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?」が、7月4日(金)より全国公開されることが明らかになりました!

これは6日、さいたまスーパーアリーナで行われた「AKB48リクエストアワーセットリストベスト200 2014」で発表されたもので、『AKB48、ドキュメンタリー映画最新作 公開決定!総選挙の舞台裏も描く』という記事によると、

波乱の大組閣、大島優子の卒業、2014年6月に行われる総選挙という3大イベントを軸に描かれる本作。監督は、AKB48のドキュメンタリー映画を前作、前々作と手掛けてきた高橋栄樹がメガホンをとる。本作について高橋監督は「今作は、いままでのドキュメンタリーシリーズ中、最もリアルなものとなるだろう。見たことのないAKB48の姿に、撮影しながら何度も涙した」と語る。

また、秋元康は「AKBは、常に問題を抱えている。みんなで知恵を絞って、問題を解決すると、また、新たな問題が起きる。その繰り返しが、AKBの歴史だ。進化するAKBを目撃してほしい」とコメント。

とのことです。

シリーズ初の夏公開となり、2014年の「総選挙」を描くとともに、テレビでは映せなかった貴重な舞台裏が、初めて明らかになります。