日本レコード協会が主催する「第32回 日本ゴールドディスク大賞」の各部門受賞作品、および受賞アーティストが発表され、「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門をNGT48が、「シングル・オブ・ザ・イヤー」をAKB48の「願いごとの持ち腐れ」がそれぞれ受賞しました。

「第32回 日本ゴールドディスク大賞」は、2017年1月1日から12月31日の期間中のCDや音楽映像作品、有料音楽配信などの売上実績に基づき決定される。対象期間中の売上金額合計が最も多いアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門は、アルバム売上230万枚以上、音楽配信194万ダウンロードなどを記録した安室奈美恵に決定した。

安室の同賞受賞は1997年以来21年ぶり。このほかベストアルバム「Finally」で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」や「ベスト5アルバム」も受賞した。安室は今回の受賞について「大切に作り上げたアニバーサリーライブやアルバム『Finally』を通して、感謝の想いが、たくさんの方に届いていれば嬉しいです」とコメントしている。

このほか「ベスト・エイジアン・アーティスト」は昨年に続きBIGBANG、「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門はNGT48に決定。「シングル・オブ・ザ・イヤー」は8年連続の受賞となるAKB48の「願いごとの持ち腐れ」、「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」邦楽部門はDAOKO×米津玄師「打上花火」に贈られた。また特別賞は荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー ジ・アーカイブス」、BOOWY「”GIGS” CASE OF BOOWY -THE ORIGINAL-」となった。

安室奈美恵が21年ぶりゴールドディスク大賞受賞!BIGBANG、DAOKO×米津らも部門賞(コメントあり) – 音楽ナタリー

NGT48 受賞コメント(北原里英)

この度は、『ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー』そして『ベスト5ニュー・アーティスト』という大変光栄な賞をいただき、本当にありがとうございます。
NGT48はわたしの大好きなグループです。このような賞を、個人的には芸能活動10年目にいただけるのも、NGT48のおかげです。とても光栄に思います。
そしてこの賞は、メンバー、スタッフさん、応援してくださるファンのみなさん、
そして新潟県のみなさん、全ての方たちと共に受賞した賞だと思っております。今後ともこの賞に恥じない活動を続けていきたいと思います。
本当にありがとうございました!

AKB48 受賞コメント(横山由依)

いつも応援してくださっている皆さまのおかげでシングル・オブ・ザ・イヤーを8年連続で受賞させていただきました。本当にありがとうございます!
受賞させていただいた「願いごとの持ち腐れ」という曲は2017年の『第84回NHK全国学校音楽コンクール』の中学校の部の課題曲になっていました。たくさんの中学校の皆さんにも歌っていただいたり、聴いていただけたのかなと思います。
これからもAKB48の応援をどうぞよろしくお願い致します。

関連リンク

NGT48 3rdシングル「春はどこから来るのか?」

発売日:2018年4月11日(水) 公式サイト Twitter 記事

AKB48 51stシングル「ジャーバージャ」

発売日:2018年3月14日(水) 公式サイト 記事

岡田奈々センター!