『AKB48グループ、被災地で復興支援イベント』というニュース動画が、YouTubeの時事通信社公式チャンネルで公開されました。

AKB48グループが、東日本大震災の被災地を訪問し、復興支援イベントを行った。同グループは、震災直後から「誰かのために」と題したプロジェクトを立ち上げ、被災地に足を運び支援活動を行ってきた。今回は岩手県岩泉町、宮城県山元町、福島県広野町を計47人のメンバーが訪問。「掌が語ること」「365日の紙飛行機」などを披露したり、ハイタッチ会を行ったりと、地元住民との触れ合いを楽しんだ。AKB48の柏木由紀は「メディアを通して伝えられるものもあるけど、直接顔を見て、伝えられることがあると感じた。また来たい」と笑顔。NGT48の北原里英は「時の流れで風化させたくない。私たちが訪問することで、思い出してくれる人がいたらいい」と、支援活動への思いを語った。また、SKE48の菅原茉椰は、出身地である宮城県でのイベントに参加。「震災当時はまだ小学生で、自分は何もできなかった。支えられた分、きょうは恩返しできたらいいなと思って来たので、皆さんの笑顔がすごくうれしかった」と話した。3月11日には、AKB48グループの各劇場で復興支援特別公演が行われる。

出席者:AKB48グループ

2017年3月4日;岩手・岩泉町、宮城・山元町、福島・広野町
6分17秒

YouTube

## 関連リンク

BOMB(ボム) 2017年4月号

発売日:2017年3月9日(木) 公式サイト Twitter 記事

表紙:向井地美音・岡田奈々・小嶋真子・込山榛香・川本紗矢(AKB48)