今月22日にAKB48を卒業した篠田麻里子が、約7年半にわたる同グループでの活動を振り返った。
篠田は30日付のブログで「はじめはAKBがどこを目指しどうゆうグループになっていくのか想像もつきませんでした、いや、『東京ドーム』を目指してることさえ無理だと思いました」とデビュー時の心境を告白。当時は劇場公演に観客が集まらず、「体力だけ奪われ常にレッスン、アルバイトも出来ない状況でお金もなく成人で仕送り生活は気が引けました」。そんな中、ファンからの「こうしたほうがいいよ」「ここが輝いてるよ」といったアドバイスに支えられたといい「皆に育ててもらい、自分の悪いとこ良いとこも指摘してもらい、どんどん自分を変えられたことは凄く大きかった」とつづった。

ファッション誌「MORE」専属モデルとして新たな分野を切り開き、AKB48の一大ブームが巻き起こってからも「ブームというのはいつか終わりがある。明日無くなったらどうしよう。孤独にもなりました」という篠田。そんな彼女にとって「自信に繋がる場所」になったのが、毎年恒例の「選抜総選挙」。昨年、後輩へ向けた「潰すつもりできてください」という発言が話題となったが「いろんなところにチャンスがあり、ただ自分は選ばれないと悲観的にならないでほしいとの意味でした」とその真意を明かした。

最後に、総合プロデューサーの秋元康氏に対して「AKBにはいろんなチャンスを与えてくださる秋元さんがいます。プロデューサーが秋元さんじゃなかったら今自分はいません」と感謝の思いも。「七年半、諦めなくて良かったと心から思いました これからも自分の道を信じて、歩き続けます。本当にありがとうございました」と力強い言葉で締めくくった。(モデルプレス)

参照元:http://mdpr.jp/news/detail/1264808