参照元:http://mdpr.jp/cinema/detail/1245536

女優の前田敦子と俳優の成宮寛貴が18日、W主演ホラー映画「クロユリ団地」の記者会見および舞台挨拶のために台湾を訪問した。

現地ファンから割れんばかりの“あっちゃんコール”を浴びた前田は、中国語で「皆さんこんにちは。あっちゃんです。みんなのこと愛してるよ」と挨拶。空港では約1000人のファンに出迎えられ「私は普段は日本で活動してますが、今回、台湾でこんなにたくさんの方が笑顔で出迎えてくれて、頑張ってきて良かったと思いました」と喜んだ。

女優に転身して以来、初の海外上陸となった前田は「グループのときは来ることができませんでしたが、こんなに早く独り立ちして、こんな形でみなさんに会いに来れると思ってなかったので、本当に嬉しいです」と上機嫌。成宮も「プライベートで旅行するときはこういうことにはならないですよね(笑)。でも、『クロユリ団地』とそして僕らのファンの皆さんには本当に感謝してます。こんな風に皆さんに待っててもらえると思っていなかったので、とても嬉しいです」と話した。

同作は、13年前から謎の死が続く老朽化した集合住宅・クロユリ団地を舞台に繰り広げられるホラー作品。クロユリ団地に引っ越してきた明日香(前田)が、隣室で孤独死した老人を発見してしまったことがきっかけで、恐ろしい出来事が次々と起こるというストーリー。

映画「クロユリ団地」は5月18日より公開中。台湾では31日より公開される。(モデルプレス)