『元NMB48・門脇佳奈子、“女優”に目覚め「演技の楽しさを知った」 映画「愛MY~タカラモノと話せるようになった女の子の話」舞台あいさつ1 「第8回沖縄国際映画祭」』というニュース動画が、YouTubeのMAiDiGiTV公式チャンネルで公開されました。

 アイドルグループ「NMB48」を2月末に卒業した門脇佳奈子さんが4月22日、沖縄­県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」の初主演映画「愛MY~タカラモノと話せるようになった女の子­の話」(公開日未定、古東風太郎監督)の舞台あいさつに、ダブル主演したNMB48の­上西恵さん、声で出演したお笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司さんとたかし­さんとともに登場した。

 門脇さんは「ど素人の私が主演なんてできるかなと思ったんですが、本当に温かい現場だ­ったので、無事に演じ切ることができた。今回で演技の楽しさを知ったので、これからも­どんどんいろんな役をしたい」と笑顔で語った。たかしさんに「女優に目覚めちゃったん­だ?」とからかわれると、照れながらも「ちょっとだけ!」と女優宣言も飛び出した。

 映画は、ある日突然、髪飾りやシャープペンなど、モノ(所有物)と話せるようになった­主人公の女子高生の恋や夢、共同生活を描く青春映画で、お笑いコンビ「おかずクラブ」­、お笑いトリオ「ジャングルポケット」もモノの声で出演している。上西さんは「今日映­画を見るのが初めてだったんですけれど、にやけが止まらない」と喜びを隠し切れない様­子で、「初めての映画の作品でたくさんの方々が来てくださった。皆さんの笑い声が聞こ­えてきて安心しました」と笑顔で語った。

YouTube

NMB48 14thシングル「甘噛み姫」

発売日:2016年4月27日(水)