前田敦子さんが関西テレビ・フジテレビ系で4月から放送される連続ドラマ「幽(かす)かな彼女」(仮題)に初の教師役で出演することが16日、明らかになりました!

前田敦子:AKB48卒業後初の連ドラで中学教師役「同性の共感得たい」』という記事によると、

前田さんが連続ドラマに出演するのはAKB卒業後初めてといい、前田さんは「クランクイン前からもうワクワクです。今どきの女の子のリアルな部分を先生という立場を通してお見せしたいですし、同性の方に共感してもらえるとうれしいですね。頑張ります!」と意気込んでいる。

同ドラマは、前田さんが連続ドラマデビューした「スワンの馬鹿~こづかい3万円の恋~」(07年)と同じ放送枠で、前田さんは「あれからもう6年もたっているんですね」と感慨もひとしおの様子。今は「自分の中で『先生ってどんなだったっけ?』と思い出しているところ」といい、教師役で共演する香取さんについて「ドラマで共演するのは初めてです。香取さんのドラマは私が物心ついた時からずっと見てきたので、本当に夢のようです」とよろこんでおり、「役の上では、香取さんが担任、私は副担任。同じ教室で一緒にやっていくので、香取さんのそばにいてその背中を見つつ頑張りたいと思います」と抱負を語っている。

とのこと。

前田敦子さんが演じる役柄は以下の通りとなっています。

前田さんが演じるのは、人気グループ「SMAP」の香取慎吾さんが演じる主人公の中学校教師・神山暁(あきら)が担任を務める3年2組副担任の河合千穂。何事にも全力で取り組み、生徒の悩みにも親身になって相談に乗るなど人気ナンバー1の教師だが、実は教師という仕事自体には何も理想も持っておらず「あーあ。教師辞めてえー!」とぼやいているという表裏のある性格だ。しかし、物語が進むにつれ、暁が教師として少しずつ成長していく姿を目の当たりにすることで千穂自身も影響を受け、教師として成長していく。

ドラマ「幽(かす)かな彼女」(仮題)はフジテレビ、関西テレビ系で4月から毎週火曜午後10時に放送。