人気マンガを原作とした「DEATH NOTE デスノート」シリーズの続編映画「デスノート 2016」に、川栄李奈さんが出演することが明らかになりました。

映画は原作コミックにあった「人間界で同時に存在していいノートは6冊まで」という「6冊ルール」を軸に描かれる新たな物語で、すでに発表されている東出昌大さん、池松壮亮さん、菅田将暉さんという錚々たる面々に川栄李奈さんが加わることになりました。

川栄さんが演じるのは月のような思想を持たず無差別に殺人を行う青井さくら。佐藤信介監督は「サイコな若い女性で、デスノートを使い、人々を殺しまくるという役柄を、川栄さんには淡々と演じていただきました」とコメントしています。

「デスノート 2016」は2016年秋に全国ロードショー。

すでに6冊のデスノートを巡る物語であることが明かされている本作。その中で川栄は、デスノートの保持者で、月のような思想を持たず無差別に殺人を行う青井さくらを演じることに。「新しい挑戦」と同役を説明する川栄は「自分がデスノートを拾ったらどうなるんだろうとワクワクしながらも、周りで多くの人が死んでいくので不思議な感じですが、普通の女の子を意識して演じさせていただきました」と述懐している。

映画ナタリー

川栄李奈 コメント

こういう役はやったことがなかったので、すごくやってみたかったし、今回新しい挑戦をさせていただいて、とてもうれしいです。自分がデスノートを拾ったらどうなるんだろうとワクワクしながらも、周りで多くの人が死んでいくので不思議な感じですが、普通の女の子を意識して演じさせていただきました。私も好奇心旺盛なので、そこは(青井さくらと)似ていると思います。過去の作品は、どのようなラストになるのかワクワクしながら観ていたので、そのワクワクがこの作品でも感じていただけると思います。とても楽しみです。

佐藤信介 コメント

サイコな若い女性で、デスノートを使い、人々を殺しまくるという役柄を、川栄さんには淡々と演じていただきました。デスノートで人を殺すと言っても、それは文字を書くという日常的な行為。しかし、その表情やムードでサイコな雰囲気を醸し、さらに川栄さんの真逆な見た目と性格が、一層それを際立たせました。本作の非常に大きな見どころのシーンとなりました。

## 関連リンク

映画「デスノート 2016」

劇場公開日

2016年秋

キャスト

東出昌大 / 池松壮亮 / 菅田将暉 / 川栄李奈 ほか

スタッフ

監督:佐藤信介
原作:大場つぐみ / 小畑健
脚本:真野勝成
企画:佐藤貴博
プロデュース:佐藤貴博

予告動画

公式サイト

映画『デスノート 2016』公式サイト

川栄李奈ファースト フォト&エッセイ「これから」

発売日:2016年1月20日(水) Twitter 記事

AKB48でのとまどい、卒業の決断、芝居への思い、おバカで愛される笑顔の裏の本音を解禁。