本日12月30日、東京・新国立劇場にて行われた「第54回 輝く!日本レコード大賞」で、AKB48の「真夏のSounds good!」が大賞を獲得しました!

AKB48レコ大2連覇達成!新人賞は家入レオが受賞

そして大賞に選ばれたのは、AKB48の「真夏のSounds good!」。授賞の際、高橋みなみは涙ぐみながら「すごいうれしいです。去年はすごくとりたいという思いがあったんですが、今年はAKB48第2章としてとらなきゃと思ってこの場に臨んできました。この素晴らしいアーティストたちの中でとらせていただいたことを誇りに思います」と語る。そして大島優子は「今回はこのレコード大賞をファンの皆様と関わってくださったスタッフの皆様とメンバーのみんなととらせていただいたからこそ、来年はまた自分たちで新しい切り札を作っていきたいと思うので、どうか応援よろしくお願いします」と述べた。渡辺麻友は号泣しながら「これを誇りに思ってこれからもがんばりたいと思います。いろいろプレッシャーもあったんですが、こうして大賞をいただけてこれが自信につながって、次の結果につなげられたらと思います」と語った。

<速報>AKB48レコ大2年連続大賞受賞

大賞が決まった瞬間、高橋みなみ全身で喜びを表し「昨年はすごく取りたいという気持ちでしたが、今年は取らなきゃいけないという気持ちでやってきました。これだけすばらしいアーティストさんたちの中で取れたことは本当に嬉しいです」、大島優子は「第二章のスタートを切らせていただいたという気持ちがあるのでスタッフやメンバーのおかげで取れたという気持ちです。来年も応援宜しくお願いします」とコメント。渡辺麻友は「前田さんが卒業されて残された私たちで頑張ってきて・・・(涙)これが自信につながって次につなげていきたいです」と喜びの気持ちを述べた。

受賞曲となった「真夏のSounds good!」は26枚目のシングルとして今年5月に発売され、集計初日における推定売上枚数の最高記録を更新。今年の年間シングル売り上げでも堂々の1位を獲得し、名実ともにAKB48を代表する作品となった。