本日7月11日(土)21:00放送より、前田敦子さんが出演する日本テレビ系ドラマ「ど根性ガエル」がスタートします。

ひろし(松山ケンイチ)は、30歳になっても仕事もせず、ぶらぶらしていた。彼には、Tシャツに貼りついた平面ガエルのピョン吉という相棒がいた。
ひろしとピョン吉の出会いは、16年前。普通のアマガエルだったピョン吉はひろしの下敷きになってしまい、彼のTシャツに貼りついてしまった。以来、熱血漢のひろしと、持ち前のど根性で困難に立ち向かうピョン吉は、無二の親友として仲良く過ごしてきた。
しかし、今のひろしはダメ男に成り下がり、ピョン吉がハッパをかけても聞く耳を持たない。ひろしとピョン吉はケンカが多くなり、ひろしがピョン吉のTシャツを着ることも少なくなっていた。ピョン吉は、ひろしの母ちゃん(薬師丸ひろ子)とともに、ひろしを心配する。

ひろしのケンカ相手でガキ大将だったゴリライモ(新井浩文)は、パン工場の社長になり、区議会議員に立候補しようとしていた。ますます、さえない自分が嫌になるひろし。そしてそんなひろしをいまだに「先輩」と慕う五郎(勝地涼)。五郎は警官として町を守っていた。
そんな中、ひろしは、初恋の人・京子(前田敦子)と再会。京子は結婚して町を出たのだが、離婚して戻ってきたのだった。ひろしは、京子との再会を喜ぶ。しかし、かつて優しかった京子は、別人のように冷たくつれない態度。以前の元気で優しい京子ちゃんではなくなってしまったようだ。そんな中、平面ガエルになって16年のピョン吉にもある異変が…。

Yahoo!テレビ番組表

ど根性ガエル

日本テレビ 2015年7月11日(土)21:00~22:09
http://www.ntv.co.jp/dokonjyo/
<出演者>
松山ケンイチ / 満島ひかり / 前田敦子 / 勝地涼 / 光石研 / でんでん / 白羽ゆり / 新井浩文 / 白石加代子 / 薬師丸ひろ子 / ほか

前田敦子の映画手帖

発売日:2015年4月20日(月)

女優・前田敦子の映画をめぐる初エッセイ。
「雨に唄えば」から「アナと雪の女王」まで170本超を紹介!