NMB48 チームMの井尻晏菜さんが24日、大阪・NMB48劇場で行われた3期生 冠ライブ「3年いかい組」にて、グループからの卒業を発表しました。

井尻晏菜 コメント

私、井尻晏菜はNMB48を卒業します。

今年の生誕祭の時に匂わせをしておりました。

なんでかというと急に発表したくなくて、私的には心の準備とか必要な方とかいらっしゃるかなと思ったんで前もってさせていただいてたんですけど。

本当はもっと早くに卒業発表してここを去る予定だったんですけどこういう状況もあって伸びちゃって、そして皆さんの前で発表せずに終わるっていう手段もあったんですけど、出来れば皆さんの前で発表して皆さんの前でサヨナラをしたいというわがままをスタッフの方に叶えていただく形となり、ここまで伸びちゃったんです。

私自身、卒業を決意出来たことがすごく嬉しいです。

ずっと何もわからないまま、何も決断しないままずるずるずるずるやっているのかなと思ってたんですけれどもそうではなく、この慣れた安心した場所を抜けてまでやりたいことを見つけられたことにすごく誇りを思っています。

その誇りをくださったのはここまで応援してくださった皆さんがあるからですし、同期に見守られながら卒業発表したいというわがままを叶えてくれたメンバーにも本当に感謝しています。

正直言うと怖いですし、切ないですし、アイドルをやめることによってどうしてもね。

本当にファンの方って離れていっちゃうと思うんですよ。

それを想像したらやっぱり怖いですけれどもそれでもやりたいことがあるからって前を向けたことは本当に嬉しく思います。

数年前に父に辞めたいといったときに辞めなくて本当に良かったです。

多分その時に辞めていたらずっと訳わかんないまま彷徨っていたと思います。

だから、あの時引き留めてくれていた父には感謝していますし、“もっと居たら?”って言ってくださったスタッフさんにも感謝ですし、何より私を必要としてくれたファンの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

遅くなってはしまったんですけどやりたいことも見つかって、選抜メンバーだったわけでもフロントメンバーだったわけでもない私を見つけてくださって応援してくださって、本当にありがとうございます。

ここで返しきれなかった恩を、私のこれからの人生をかけて皆さんに恩返しをさせてください。

NMB48という肩書がなくなって一人の井尻晏菜となってしまうんですけども私がこれから作っていく人生の舞台を皆さんに見ていただきたいですし、どんなに怖くてもに皆さんとなら頑張れる気がするのでこれからも応援してください。

よろしくお願いします。

卒業の目途が立っていなくて未定ですが、年内で卒業という形をとらせていただきますのでそれまでアイドル井尻晏菜の応援をしていただき、卒業してから来年には井尻晏菜を改めて応援していただいてもいいですか?

NMB48に3期生として加入し、約8年半。

チームMでは個性的なメンバー達を安定感のあるツッコミでまとめ、副キャプテンとしてしっかりと支えてくれました。
トーク力を活かしてラジオ番組でも活躍し、舞台では普段の彼女を感じさせない演技力で魅了してくれました。
これからは新たな夢に向かう彼女を精一杯応援したいと思います。
皆様もどうか温かく見守ってください。

※最終活動日等の詳細に関しましては、決定次第お知らせ致します。

ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

本日は3期生 冠ライブ「3年いかい組」にご来場・ご声援いただき、ありがとうございました。

NMB48劇場支配人 金子 剛

NMB48 チームM 井尻晏菜 卒業に関しまして | NMB48オフィシャルブログpowered by Ameba

関連リンク

発売日:2020年10月22日(木) 公式サイト Twitter

NMB48の歴史を振り返る10周年記念公式メモリアルブックブック。